ウッドデッキ設置前に知っておきたい事

洗濯物を干したり、ガーデニングを楽しんだりと、様々なメリットがあるウッドデッキですが、意外とそのメリットは知られていません。
ウッドデッキを設置してしまうと、手軽に取り外せるモノではないので、設置した事を後悔しないようにメリットだけでなく、デメリットを事前に知っておきましょう。

メリットは、家に開放感のあるもう1つのリビング空間を作る事が出来ます。
家が広く使えますし、気軽にアウトドアな気分が感じられます。
気候がいい時期ならば、ウッドデッキで食事をする事で、自然と家族の仲も深まるでしょう。

庭だと雑草の管理や虫が苦手でガーデニングが出来ないという人でも、ウッドデッキのプランターでガーデニングならお手軽です。

ウッドデッキのデメリットは、設置すればそれで完了という訳ではありません。
よい状態で長持ちさせるためには、メンテナンスの手間やコストがかかってしまいます。
特に天然の材木で作られたウッドデッキは、完成直後は木の香りがして、素敵な仕上がりだと満足するでしょう。
しかしウッドデッキは雨に濡れてしまうため、材木だと腐敗してしまうリスクがあります。

腐敗を予防するために、ニスなどを1年に1度のペースで塗る必要があります。
これが思った以上に手間がかかり、重労働になってしまいます。

また最も怖いのは、ウッドデッキの設置が原因で、家を傷めてしまう可能性がある事です。
ウッドデッキは、窓からそのまま行き来出来るようにと、外壁に密着する形で施工されます。
そのため、設置場所によっては、雨水や排水ルートを遮ってしまい、家を傷めてしまいます。

また排水だけでなく、空気の流れが遮られ、通気が不十分になってしまうと、カビが生えてしまう可能性もあります。

なので、ウッドデッキを設置する場合は、料金だけで選ばずに、どのような素材を使用するのかも重要です。
腐敗しにくい素材、耐久性がある素材を選ぶようにしましょう。

また天然の材木ではなく、人工の素材を選べば、毎年ニスを塗るという労力から解放されます。
あとは、素人判断でウッドデッキの設置場所を決めるのは危険です。
出来れば、家を施工した業者に相談をしながら、ウッドデッキの設置場所を決めると、排水や空気の流れを遮らない、家のダメージにならない場所に設置してくれるでしょう。

ウッドデッキを設置する事がデメリットなのではなく、何も知らない状態で憧れだけでウッドデッキを設置する事でデメリットが発生しやすい状況を作り出してしまいます。

正しい知識があり、自分の家に合った場所で適した素材でウッドデッキを設置しれば、ウッドデッキを設置した事に後悔せずに、より住みやすい暮らしを送る事が出来るはずです。

最近のウッドデッキは多様化しており、駐車場の上にウッドデッキを作成する仕様でもこだわりをもつものが多い様です。

http://www.worldforest.jp/work/ウッドデッキを吟味するとたどり着くアールウッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA